人と仕事 WORK

ユーザー様のありがとうのために
サポート満足度NO.1を目指して

サポートセンター

坂田 樹美子Kimiko Sakata

2008年入社

元はPCインストラクター。丁寧なサポート対応には定評があり、彼女を指名するクライアントも多数いるほど。

Interview インタビュー

エムオーテックスを選んだ決め手…直感でした

Q:前職についてお教えください。
A:前前職ではソフトウェアの操作方法を受講者に教えるインストラクターとして約5年半勤務していました。その後、前職では給与計算ツールのお客様への導入支援を約1年行っていました。
Q:転職のきっかけやエムオーテックスを選んだ決め手はありますか?
A:前職の経験から、サポート業務が自分には向いていると考えていたので、サポート職種で企業をしぼりました。他社も受けていましたが、面接の時にすれ違った社員の方の印象がとても良く、働きやすそうな環境だと感じた直感を信じて入社を決めました。
一日のタイムスケジュール
●8:10
出社 メールお問い合わせ内容チェック
●9:00
課朝礼 サポートセンターTEL対応
●12:00
お昼休み 課内のメンバーでランチ
●13:00
サポートセンターTEL対応
●16:00
バッチ作成方法の勉強会開催
●17:30
技術部と打ち合わせ
●18:00
課員の相談対応/サポート対応履歴入力
●21:30
対応まとめと明日の準備をして退社

ユーザー様のありがとうのために!資格取得と課員への教育

ユーザー様のありがとうのために!資格取得と課員への教育

Q:入社してから現在までの業務・キャリアを教えてください。
A:研修期間は約3か月でしたが、製品知識や対応方法など中途社員にここまで研修してくれるのかとびっくりするほど丁寧に研修してもらったのが印象的でしたね。
研修完了後は毎日サポートダイアルにかかってくる電話をとり、ユーザー様のお困りごとにひとつひとつ対応して、日々経験を積み重ねていきました。その中でユーザー様のお問い合わせにもっと応えたいと気持ちが高まり、より広いIT知識を習得するために、情報セキュリティスペシャリストの資格を取得しました。 その後、主任となって新卒社員の研修や対応相談をうける立場になり、現在は課長となって複数のメンバーをまとめています。

面接時の社員の方々の挨拶が入社の決め手に

Q:課長として気を付けていることはありますか?
A:誰かの上に立つという経験は初めてなので戸惑うことも多いですが、対応で忙しくても話しかけにくいというオーラを出さず、課員が聞きやすい環境を作るよう心掛けています。また自分の経験を課員に積極的に伝えて、課員の成長を促したいと思っています。
Q:入社してから心に残っているエピソードはありますか?
A:とあるユーザー様に運用事例の取材をお願いする機会があったのですが、実はそのユーザー様は製品導入当初にトラブルがあったため、エムオーテックスに良い印象をもっておられず、どのような内容がくるのかと不安がありました。その後ユーザー様が自発的に送ってくれた事例文章の中に「サポートの坂田さんが担当してくれてよかった。」と言う一文があった時は、本当に嬉しかったです。
日々大変なこともありますが、無事にトラブル解決した時にユーザー様に「ありがとう」といってもらえることの喜びは大きいですね。
他には…秋田3日間監禁事件というエピソードもありますが、伏せさせてもらいます。(笑)

サポート満足度No.1のサポートセンターを目指して

サポート満足度NO.1のサポートセンターを目指して

Q:エムオーテックスの社風・風土についてはいかがですか?
A:サポート部門は1フロアに集まっているのですが、みんな仲が良いですね。
女子で集まって飲みに行ったり、ランチに行ったり…円滑にコミュニケーションが取れるので、働きやすい環境だと思います。また他部署にも質問に行きやすく、壁がない点が良いところです。
Q:坂田さんの将来の展望についてお教えください。
A:最近感じることですが、ITの多様化によってLanScopeの知識だけでは回答できないお問い合わせが増えてきました。今後、ネットワークや仮想化など最新のIT技術に関する知識を増やして、ユーザー様にご満足いただけるサポートができるように教育環境を整備したいと考えています。 そしてサポート満足度No.1のサポートセンターを目指します!

坂田 樹美子

●前職PCインストラクター
ソフトウェアの操作方法を受講者に教えるインストラクターとして約5年半勤務。
●1年目サポート対応を担当
即戦力として活躍。ユーザーの課題解決に取り組み、知識と経験を積む。資格も習得し、さらにキャリアアップへ。
●2年目主任
これまでの業務に加え、サポートチームメンバーの対応相談を受けるように。
●4年目課長
高い対応能力とリーダーシップを評価され、サポートセンター3課を任される。

前へ

インタビュー一覧に戻る