人と仕事 WORK

自社製品をもって営業する楽しさ

営業

浅井 慎吾Shingo Asai

2013年入社

IT卸売の営業として7年間勤務。自社製品を持ち、提案できるメーカー営業を希望してエムオーテックスへ入社。

Interview インタビュー

自分の口で自社製品を提案し、売り上げをあげる

Q:前職についてお教えください。
A:IT卸売の営業職を7年ほど行っていました。新規営業ではなく大手販売店に対する提案で、ITに関するものだけでなく電化製品など何でも扱っていましたね。具体的にはPC、サーバーから、冷蔵庫、コーヒーメーカーなど300~400万点の取り扱いがありました。
人間関係がとても大切で、販売店と製品メーカーの間に立って細やかな調整をする業務でした。
Q:転職のきっかけやエムオーテックスを選んだ決め手はありますか?
A:前職営業でメーカーさんとお客様先へ訪問同行した時に、同行していたメーカー営業の方が説明をしていて、自分は横にいるだけで何も話せない状況が悔しかったという経験が何度もありました。 自分の口で、自分の会社の製品を提案するという営業スタイルで売り上げをあげてみたいと思うようになり、転職を考えました。
エムオーテックスを選んだきっかけは、自社製品100%で高い営業利益率を誇っているという点が魅力的だと感じたからです。IT業界でもそういう会社は意外と少ないですね。 また、前職で働きながらの転職活動だったため、何社も面接を受けられるような状態ではなかった中、夜の面接や日程の調整など細やかな対応をしていただいたので、人を大切にする良い会社だと感じた点も決め手となりました。
一日のタイムスケジュール
●8:40
出社・メールチェック
●9:00
Cat製品研修
●11:00
カタログを使った製品レビュー練習
●12:00
昼食
●13:00
先輩と同行訪問
●15:30
帰社 Cat製品研修
●18:00
課ミーティング
●19:30
退社

製品知識をもとに、誇りをもって自社製品を売る

製品知識をもとに、誇りをもって自社製品を売る

Q:入社してから現在までの業務を教えてください。
A:製品のPRポイントやお客様に対してどんなメリットがあるのかなど、営業活動に必要な知識を吸収しながら、販売店様やお客様先への訪問を行っています。
Q:現在の業務のやりがいはいかがですか?
A:LanScope Catは、多くの機能があって、使い方や解決できる課題も様々です。その一つ一つを理解していくことは楽しいですね。自社製品をもっているという誇りと楽しみがあります。

メーカーならではのAWARDイベント

メーカーならではのAWARDイベント

Q:入社してから心に残っているエピソードはありますか?
A:入社直後にあった、「LanScope AWARD」が印象に残っています。良いホテルの宴会場を借りて、数百名のお客様と販売店様を呼んで、製品について話しながら交流を深められるのはメーカーならではの強みですね。いつか私が壇上に立って新製品を発表したいと思いました(笑)
Q:エムオーテックスの社風・風土についてどう感じていますか?
A:製品に関することも、会社のルール・仕組み的な部分も、先輩方がやさしく教えてくださるので本当に助かっています。みんなノリが良く、業務の話もプライベートな話も楽しくできます。また平均年齢が約30歳と同年代が多いので、転職者でもすぐに溶け込むことができました。

経験を生かして、売上実績を積んでいきたい

経験を生かして、売上実績を積んでいきたい

Q:浅井さんの将来の展望についてお教えください。
A:前職では競合とバッティングした時にいかに勝つかという点でスキルを磨いてきた経験があるので、この経験を生かして、売上実績を積んでいきたいと思います。 また実績を積みながら、様々な企画・提案などを率先して行い、いつか自分がAWARDで新製品発表できるように力をつけていきます!

浅井 慎吾

●前職IT卸売の営業職
IT卸売の営業マンとして7年の経験を積み営業のスキルを磨く。
●2ヶ月目AWARDに参加
ユーザーや販売店を招待して行われるLanScope AWARDに参加。自社製品をもって交流を深めることができる、メーカーならではの良さを実感。
●4ヶ月目本配属
研修を終え、現場へ。自社製品を背負う誇りとやりがいを感じ、目標達成に向けて日々奮闘中。

前へ

次へ

インタビュー一覧に戻る