人と仕事 WORK

No.1ソフトウェアメーカーで
自社製品を開発する

システムエンジニア

有信 洋Hiroshi Arinobu

2013年入社

10年間のソフトウェア開発経験を生かして、エムオーテックスへ。新製品「LanScope An」のテストリーダーを任され、活躍中。

Interview インタビュー

「これが自分の開発した製品だ」と胸を張って言える

Q:前職についてお教えください。
A:前職は300名ほどのソフトウェア開発会社で約10年間勤務していました。自社製品はほぼなく、クライアント先に常駐して開発という業務形態で、1~2年単位で様々なシステムを開発していました。
Q:転職のきっかけやエムオーテックスを選んだ決め手はありますか?
A:10年間勤めて、大きなPRJの中の1つの機能開発リーダーを任されるなど忙しい毎日を送っていましたが、常にクライアント常駐開発で、自分が何を作ったのかが会社として何も残らないという点で悩んでいました。またクライアント案件状況によって左右される雇用体系にも不安があり、転職を考えるようになりました。
一日のタイムスケジュール
●8:50
出社 1日の予定とメールのチェック
●9:15
課朝礼&チーム朝礼
●9:30
開発業務
●11:00
検証・テストについて課内ミーティング
●12:00
お昼休み お弁当をフロアで食べる
●13:00
開発業務
●15:00
営業からの仕様質問に回答
●16:00
課夕礼&チーム夕礼で1日の進捗確認
●16:15
開発業務
●19:30
1日の報告と明日の準備をして退社

前職の経験を活かした製品開発へ

前職の経験を活かした製品開発へ

Q:MOTEXへの入社の決め手はなんでしたか?
A:転職活動を始めてすぐにエムオーテックスを知りました。まず製品自体が面白そうというのが第一印象でした。会社や製品について調べていくうちに、シェアがNo.1の製品で、「これが自分の開発した製品だ」と胸を張って言える、メーカー開発に惹かれていきました。またPCだけでなくスマートフォン/タブレットを管理する製品も開発していたことからこれから伸びる市場で開発ができると感じました。
もちろん待遇面も重視しましたが、自分が生き生きと、安心して長く働ける点が決め手となってエムオーテックスを選びました。

前職の経験を活かした製品開発へ

Q:入社してから現在までの業務を教えてください。
A:入社後、約3ヶ月は研修期間でした。前職と違う開発言語ということで最初は不安もありましたが、先輩社員の方々がみっちり教えてくれたため、問題なく実業務に入ることができました。また研修期間中から製品の検証をする機会があったため、製品に対する知識も同時に身に着けることができました。 研修後から現在までLanScope Anというスマートデバイス管理ツールの一機能を担当して開発を進めています。また製品リリースの最終テストリーダーを任せてもらって、6名程度のメンバーをまとめています。
Q:現在の業務のやりがいはどんなところですか?
A:私の前職の経験をとても尊重してくれるので、「ここはもっとこうした方が良い」などの意見を上へ提案しやすい環境があります。また単に製品を開発するだけでなく、開発環境や仕様書など仕組み作りや改善の部分にも参加することができるので、責任を感じるとともにやりがいもとても感じています。

社員とともに会社のさらなる成長へ

社員とともに会社のさらなる成長へ

Q:入社してから心に残っているエピソードはありますか?
A:私の発案・推進で、LanScope An開発課のメンバーと営業部門のLanScope An担当者で意見交流会の場を設定できたことです。堅苦しい会議形式ではなく大阪本社の10Fカフェスペースを活用して、定期的にざっくばらんな意見交換をしています。現場の生の声を取り入れることで、よりよい製品開発に向けてモチベーションを高めることができ、課員一丸となって業務に取り組めています。
Q:エムオーテックスの社風・風土についてはいかがですか?
A:最新の技術や市場ニーズについてアンテナが高い人が多いです。またそういった情報について共有や話し合いの場が多いので技術者として成長できるところがとても良いですね。 一方で、開発として「質」と「スピード」の両方が必要とされますが、「質」を重視しすぎて「スピード」が遅い時がある印象もあります。現在はそれらを改善すべく、「質」と「スピード」の共立を目指して見直し・改善を進めています。
Q:有信さんの将来の展望についてお教えください。
A:今、スマートフォン/タブレット管理ツールを開発していますが、この市場はまだまだこれから伸びる分野だと感じています。課員でアイディアを出し合って開発を進めて、モバイルデバイス管理の市場でシェアNo.1の製品にすることを目指しています!

有信 洋

●前職システムエンジニア
ソフトウェア開発会社で10年勤務。クライアント先に常駐してのシステム開発で様々な現場を経験。
●4ヶ月目新機能リーダーに抜擢
新機能のリーダーを担当。新しい機能を一から画面を検討、技術調査を行う。
●8ヶ月目製品テストリーダー
バグなくリリースするために新しく分析技法を導入し、数多くの不備を未然に防ぐ。
●11ヶ月目プロジェクトリーダー
LanScope An」の改善プロジェクトでリーダーとして活躍中。

次へ

インタビュー一覧に戻る