「スマートデバイスの有効活用を促進する LanScope An 」記事掲載/週刊BCN3月10日号 – MOTEX Inc.

ニュース

  • MOTEX 掲載記事・広告

    2014年03月10日

「スマートデバイスの有効活用を促進する LanScope An 」記事掲載/週刊BCN3月10日号


週刊BCN Vol.1521(3月10日号)のセキュリティソリューション特集に「スマートデバイスの有効活用を促進する LanScope An」の記事が掲載されました。以下、掲載内容です。

機能強化で管理者の運用負担をさらに軽減

営業力の強化やワークスタイル変革などを目的に、スマートフォンやタブレット端末を導入する企業が増えている。こうした最新デバイスの導入は、目的通りに活用して効果を得ることができて初めて成功といえるが、実際にはうまく活用できていない企業が少なくない。スマートデバイス導入という投資の実を得るためには、デバイスをどのように管理・運用するのかが成否を分けることになる。
一般的に、企業がスマートデバイスを導入する際に最も気にすることは、紛失や盗難に遭った場合を想定したセキュリティ対策だ。そのため、リモートワイプ・ロックの機能を提供するMDM(モバイルデバイスマネジメント)ツールが注目されている。確かに、デバイスのセキュリティ対策は必須だが、実際にはこれだけでスマートデバイスを有効に活用できるとはいえない。

そこで、エムオーテックス(MOTEX)が提供するサービス「LanScope An」では、セキュリティ対策に加えて、業務上のスマートデバイスの有効活用を促す機能を搭載。資産管理の効率化や、位置情報・移動履歴の自動取得、操作情報の取得・分析などの機能を提供している。無理な制限をかけずにセキュリティを担保し、デバイスが導入目的に沿って活用される環境を提供することに主眼を置いている点で、他社製品とは一線を画している。UI(ユーザーインターフェース)にもこだわっており、わかりやすい管理画面を設計しているので、管理者の負担を減らし、専任の担当者でなくても簡単にデバイスを管理することができる。「LanScope An」を活用すれば、ユーザーは時間をかけずにセキュリティ対策を施して、デバイスの有効活用を促進することに多くの時間を割くことができるわけだ。

さらに、3月には機能を強化する予定だ。管理者の運用にかかる負担をさらに軽減するために、組織変更・端末の所有者の変更などがあった際のメンテナンスに活用できる機能や、デバイスの不正操作が発生した際に管理者へメール通知する機能などを新たに付加する。「LanScope An」が、スマートデバイスの導入を成功させるための一翼を担ってくれることは間違いないだろう。

■ 60日間無料で使用できるLanScope Anの体験版を提供しています。
  >> https://www.motex.co.jp/an/trial/trial_form.html

ビジョン