「MOTEX、スマートデバイス管理ツールを60日間フル機能で使える「LanScope An」の無料版を提供開始」記事掲載/ZDNet Japan – MOTEX Inc.

ニュース

  • MOTEX 掲載記事・広告

    2014年11月27日

「MOTEX、スマートデバイス管理ツールを60日間フル機能で使える「LanScope An」の無料版を提供開始」記事掲載/ZDNet Japan


ZDNet Japanに、「MOTEX、スマートデバイス管理ツールを60日間フル機能で使える「LanScope An」の無料版を提供開始–NO MORE 情報漏えいプロジェクト」の記事が掲載されました。以下、掲載内容です。

MOTEXは「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を掲げ、スマートデバイス管理ツール「LanScope An」の機能限定版「LanScope An Free」を11月27日末から無償提供する。その狙い、企業が抱えるセキュリティの課題などを同社の河之口達也社長が語った。

難しいセキュリティをわかりやすく、身近に

情報セキュリティ啓発プロジェクト「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を始動したエムオーテックス(MOTEX)。同時に立ち上げた専用サイトは、HASHコンサルティングの代表取締役である徳丸浩氏を監修に迎え、同氏によるセキュリティコンテンツや最新の情報を発信していくほか、セキュリティリスクを妖怪として紹介し、リスクと対策内容を理解することで「封印」していくユニークなコンテンツ「情報漏えい百鬼夜行」なども公開している。
(「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」始動の記者発表の様子はこちらhttp://japan.zdnet.com/security/analysis/35055820/

MOTEXの代表取締役社長である河之口達也氏は「情報漏えい事件、事故が数多く発生している中で、その対策は情報システム部門任せになっている。その理由はセキュリティが『わからない』ということにあり、情報漏えい対策ツールを提供する立場として、セキュリティをわかりやすく伝える責任があると思いプロジェクトを立ち上げた」という。

これまでもセキュリティベンダーからのセキュリティ情報提供はあったが、製品がらみや難しい情報のものが多かった。これではセキュリティがいつまでも「他人ごと」のままで、自分に関係することと認識されない。そこでMOTEXでは徳丸氏をはじめさまざまな立場のプロの声やアンケート結果などのデータを盛り込み、経営者、従業員、情報システム担当者、利用者のそれぞれの立場に対して、複雑なセキュリティをわかりやすく、情報発信していくことで、情報漏えいの「自分ごと化」を狙う。今後は、幅広いメディアで情報を提供していく計画だ。

「LanScope An Free」の無償提供を開始

 またMOTEXでは、プロジェクトの第1弾として同社のスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の紛失対策機能のみを無料で利用できる「LanScope An Free」を2014年11月末より開始する。これは法人向けに提供されるもので、スマートデバイスの紛失・盗難対策において特に必要な「リモートロック」「リモートワイプ」「パスワードポリシー」の3種類の機能を搭載する。

MDM比較資料
同社製品資料より、他社MDMの紛失対策限定版との比較
使用台数、期間は無制限となっており、iOS、Android、Windows(タブレット端末向け)の3OSに対応する。※OSによって機能は異なる。

「企業がスマートフォンやタブレットを導入する際に、紛失対策はセキュリティの観点から必ず必要と認識はされているが、実際には管理ツールの予算が取れなかったり、安価なMDMでは機能が不充分などの理由から、きちんと対策できていない企業が多い。また、コストとリスクの両面の課題から、スマートデバイスの導入自体に踏み切れない企業も多くみられる。そこで、無料でもしっかり紛失・盗難対策を完結する機能をご提供することで、紛失リスクの課題を取り除き、企業のスマートデバイス導入の促進に役立てると考えている。まずは実際に使っていただき、使いやすさに拘った管理画面や充実のサポート体制に触れて頂きたい。」と河之口氏。提供機能においては特に、パスワードポリシー機能は無償で提供されているツールがほとんどないため好評だという。

しかも、3機能のみの無償提供とはいえ、60日間は「LanScope An」有償版のすべての機能が利用できる。有償版は、スマートデバイスの資産情報を自動収集して一括管理することが可能で、電話やメール、業務アプリなどの操作ログ、位置情報なども自動収集し、分析レポートを自動生成する。これにより「誰が」「いつ」「どこで」「何をしたのか」を把握することができる。社員がスマートデバイスをちゃんと業務に活用しているか、ゲームばかりしていないかなどが容易に把握できる。これは社員に対する抑止効果も期待できるだろう。
look

有償版の「LanScope An」は使いやすさ、管理のしやすさが好評で、同社調べによるとユーザーの満足度は83%、継続利用率は93%を記録している。資産管理やアプリ配信のニーズもますます増えてきており、MOTEXでは近い将来、スマートデバイスの業務活用本格化により、「LanScope An」が強みとしている資産管理・位置情報管理・操作ログ管理などの活用促進機能が必ず求められる時代になると予測している。

月額150円で24時間365日の紛失対策サポート

「LanScope An Free」には、もうひとつ特筆すべき点がある。それは月額150円で24時間365日紛失時のリモートロック・ワイプ操作を代行するヘルプデスクサービスをを受けられることだ。同社調べによると1000台のスマートフォンを導入している企業の場合、1週間から2週間に1台の割合でスマートフォンの紛失が発生している。しかも紛失が発覚するのはたいてい夜の時間帯なので、システム担当者が不在の事が多く、即時対策ができる体制を構築する上で、24時間365日の紛失対策サポートは大きなメリットとなる。
24365

さらに、「LanScope Cat」と「LanScope An」を連携することも可能だ。「LanScope Cat」は7500社の導入実績があり、10年連続でシェアトップを維持しているネットワークセキュリティ統合管理ツール。パソコン1000台、スマートフォン300台を持つ企業であれば、連携によって1300台として管理できる。サポート窓口を一本化できることもメリットで、現時点では「LanScope An」を導入した企業の約半数がもともと「LanScope Cat」のユーザーであったという。すでにMDMを導入している企業でも、今回の「LanScope An Free」の提供で乗り換えやすくなるだろう。

「LanScope An」は、既にクラウドサービスとして提供をしているが、「LanScope Cat」においても、最新バージョンの「8」ではAmazon Web ServicesやMicrosoft Azureといったクラウド基盤に対応、通信の暗号化をはじめ、インターネットを介して端末を管理できる機能を強化している。

「既にその傾向は表れてきているが、スマートフォン、タブレットやパソコンを含むすべてのデバイスの管理は、クラウドでなければ成り立たない状況になりつつある。ビジネスマンのデバイス利用は、企業内ネットワークを中心としたものから大きな変革期を迎えており、外出時のカフェでの公衆無線LANの利用や、スマートフォンのテザリングなど、企業内ネットワークを経由せず、インターネットを活用することが当たり前になってきている。つまり、企業内ネットワークの範囲内で管理するという観点では、実運用に即さない状況であり、企業が行うデバイス管理は、ユーザーが広くインターネット環境を活用することを前提として、クラウドで実現することが必須要件となるのは時間の問題だと考えている。」(河之口氏)。

「情シスさんの苦労を経営者やIT利用者にもわかって欲しい」

スマートデバイスの多様化やITの進化のスピードは速く、社内の情報システム部門はますます多忙を極めている。しかし、経営者がその状況を正しく理解できていないのであれば、それは大きな問題だろう。情報セキュリティを始め様々な課題に対して、情報システム部門がその重責を一手に引き受けているケースはまだまだあるのではないだろうか。河之口氏は「MOTEXでは、経営者にも情報セキュリティを正しく理解していただき、情報システム担当者の苦労に対して支援してもらえるよう、メーカーとして常に訴えていきたい。また、『LanScope Cat』と『LanScope An』を使うことでスマートデバイス、パソコン、サーバーをひとつのコンソールで統合管理できるツールを提供し、担当者の手間や忙しさを緩和していきたいと考えている。業務効率や生産性を上げていただくよう意識していく。ツールを提供するだけでなく使っていただく、運用を高度化していくための情報発信も強化していく。今回の情報提供もそのひとつ」と述べた。

インフォメーション

NO MORE情報漏えいサイト
  https://www.motex.co.jp/nomore/

LanScope An Freeサイト
  http://www.lanscope.jp/an/free/

ビジョン