マイナンバー管理・情報漏えい対策を強化!LanScope Cat × すみずみ君が連携を開始 – MOTEX Inc.

ニュース

  • ニュース&トピックス

    2015年09月28日

マイナンバー管理・情報漏えい対策を強化!
LanScope Cat × すみずみ君が連携を開始


エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、三菱スペース・ソフトウエア株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:稲畑廣行、以下MSS)との協業を2015年9月28日から開始いたします。この協業により、MOTEXのネットワークセキュリティ統合管理ツール“LanScope Cat”と、MSSの個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」を連携させることで、企業における個人情報や機密情報などの漏えい対策強化を促進いたします。

2016年1月からスタートするマイナンバー制度において、各企業は社員や個人事業主などの取引先からマイナンバーを収集し管理しなければいけません。またサイバー攻撃や内部犯行による相次ぐ情報漏えい事故などを背景に、情報漏えい対策は企業規模を問わず必須の課題となっています。

MOTEXの“LanScope Cat”では、社内にあるIT機器の情報を自動で収集、PCで「誰が・いつ・どんな操作をしたのか」といった履歴を取得し、セキュリティ対策の基本となる現状把握を行うことができます。また、USBメモリなどのデバイス利用や危険なアプリ・サイトの閲覧を制御するなど具体的な対策を行うことで、正確なIT資産管理や情報漏えい対策を実現できます。

一方、MSSの「すみずみ君」はクライアントPCや共有サーバー内にある個人情報を含むファイルを検索するソフトウェア製品として、クライアントPCや共有サーバー上のファイルに含まれる個人情報・マイナンバー・機密情報の検索ができます。また、検出したファイルを【機密】など重要度が分かるファイル名に変更することもできるため、正確かつ効率的な個人情報・マイナンバー・機密情報のファイル管理を実現できます。

本協業により、“LanScope Cat”と「すみずみ君」が連携することで、個人・機密情報の検索から管理、情報漏えい対策の強化が可能となります。今後MOTEXはMSSとの協業関係を深め、企業の情報漏えい対策を支援するための連携を強化し、お客様に最適なソリューション提供を目指して参ります。

すみずみ君協業キャンペーン「LanScopeサンクスキャンペーン」

概要: LanScope Catユーザー様、LanScope Catご購入検討のお客様向けに、
    すみずみ君の希望小売価格を39%OFFでご提供させていただくキャンペーンです。
対象: LanScope Catユーザー様、LanScope Catご購入検討のお客様
期間: ~2015年12月25日

“LanScope Cat”と「すみずみ君」の連携ポイント

sumizumikun_img3
1.“LanScope Cat”でPCや共有サーバーへ「すみずみ君」を一斉配布・定期実行が可能
複数拠点や管理台数が多い場合でも“LanScope Cat”で一斉配布することで、社内の管理端末に手間をかけず、漏れなくインストールできます。

2.「すみずみ君」で個人情報やマイナンバー、機密情報を検出、
  ファイルを重要度に合わせたファイル名に変更が可能

「すみずみ君」では、クライアントPCや共有サーバー内にあるファイルに対して、定期的にさまざまな条件(個人情報、マイナンバー、社外秘情報など)で個人情報ファイルや機密情報ファイルの検出ができます。また重要ファイルを【機密】など重要度が分かるファイル名に変更することができます。

リネーム処理には、事前に別途「すみずみ君リネームユーティリティ」をクライアントPCや共有サーバーにインストールする必要があります。

3.“LanScope Cat”の操作ログで個人情報ファイルの利用状況を把握、
  万が一のデータ持ち出しも追跡可能

“LanScope Cat”で【機密】を含むファイルの操作をアラームに設定することで、利用状況を記録するだけでなく、リアルタイムに利用者に警告を表示することができます。また万が一情報の持ち出しがあった場合でも、「ファイル追跡」機能でログを確認することで、不正操作をすぐに特定できます。

▼“LanScope Cat”と「すみずみ君」の製品連携について
 http://www.lanscope.jp/cat/products/sumizumikun/
▼「すみずみ君」製品ページ
 https://www.sumizumikun.jp

“LanScope Cat”について

“LanScope Cat”は、多くの企業が抱えるIT資産管理や情報セキュリティ対策の課題を解決し、企業成長をサポートするセキュリティツールです。1996年の発売以来、時代のニーズに応じて進化しつづけ、その結果多くの企業の信頼を集め、2015年4月時点で8,000社※1が導入。IT資産 / PC構成管理ソフトウェア部門で10年連続シェアNo.1※2となるほか、顧客満足度No.1※3など統合運用管理ソフトとして数々の賞を受賞しています。
LanScope Catサイト:http://www.lanscope.jp/cat/

1:当社調べ

2:富士キメラ総研「2014年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野

3:日経BP社「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2014-2015」および「中小企業セキュリティアワード2015 法人向けセキュリティ顧客満足度調査」

ご参考:エムオーテックス株式会社について

MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

会社概要

社   名 エムオーテックス株式会社
所 在 地 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代   表 代表取締役社長 河之口達也
事業内容 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資 本 金 2,000万円
U R L https://www.motex.co.jp/

お問い合わせ

<本件に関するお問い合わせ>
エムオーテックス株式会社  企画広報部 企画広報課
TEL :06-6308-8982
FAX :06-6308-8977
E-mail :press@motex.co.jp

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
エムオーテックスPR事務局(株式会社イニシャル内) 担当:山下・三浦・宮島
TEL:03-5572-6073
FAX:03-5572-6065
E-mail :motex@vectorinc.co.jp

ビジョン