総務省「ICTドリームスクール」の実証モデル校である「西脇小学校」「都多小学校」がAndroidタブレットの紛失対策および適正活用支援ツールにMOTEXのLanScope Anを活用 – MOTEX Inc.

ニュース

  • ニュース&トピックス

    2015年11月05日

総務省「ICTドリームスクール」の実証モデル校である「西脇小学校」「都多小学校」がAndroidタブレットの紛失対策および適正活用支援ツールにMOTEXのLanScope Anを活用


エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、総務省「ICTドリームスクール」の実証モデル校である西脇市立西脇小学校(以下西脇小学校)と宍粟市立都多小学校(以下都多小学校)が利用しているAndroidタブレットの紛失対策および、適正活用支援ツールとして“LanScope An”を提供いたします。これにより、Androidタブレットのセキュリティ強化と活用促進に貢献します。

総務省は、2014年6月に「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、今後実現すべき学習・教育環境の姿を「ICTドリームスクール」として整理する方針を発表しています。また個に応じた最適な学びを、誰でも・いつでも・どこでも・安全安心に提供し、世界をリードするICT学習・教育クラウドプラットフォームを活用した多様な学習・教育実践モデルの実現のため、学校・企業・研究機関などからICTドリームスクール実践モデルの提案公募を実施しました。

そして2015年7月29日、総務省は11件の提案モデルの1つである「情報通信技術(ICT)を活用しながら郷土愛を育む」という神戸新聞社が提案した新しい体験型教育をスタートさせました。このモデルの実証校である西脇小学校と都多小学校の児童は、12月頃に予定されている成果発表会に向けて、Androidタブレットを使って地元の伝統産業や史跡を取材し、新聞形式にまとめる活動を行っています。

◆総務省「ICTドリームスクール」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000067.html

この度、MOTEXは神戸新聞社をはじめ、NTTドコモ、電通と連携し、「ICTドリームスクール」の実証モデル校である、西脇小学校と都多小学校の児童が活用するAndroidタブレットの紛失対策および、適正活用支援ツールとして“LanScope An”を提供いたします。

“LanScope An”は、IT資産・PC構成管理ソフトウェア部門として10年連続トップシェア※1、国内8,500社※2が導入しているLanScopeシリーズから誕生したスマートデバイス管理ツールです。Androidタブレットに対して遠隔から画面ロック(リモートロック)やデータ削除(リモートワイプ)を実行することができるため、校外学習時や通学途中で、児童が万が一タブレットを紛失した場合でも情報漏えいを阻止することができ、先生や児童、保護者の方々に安心してAndroidタブレットを活用いただくことが可能です。さらに、Androidタブレットの活用時間やアプリの活用状況を自動分析し、レポート化することができるため「学習×ICT活用」の最適なモデルの実現に向けて、有効な分析データを提供することが可能です。

MOTEXは今後も、教育機関でのタブレット活用をセキュリティ対策および、活用状況の分析の側面から支援して参ります。 

1 富士キメラ総研「2014年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野

2 MOTEX調べ

ご参考:“LanScope An”について

“LanScope An”は、企業におけるスマートフォンやタブレット端末の管理を行うことができるクラウド型のスマートデバイス管理ツールです。プラットフォームはMicrosoft Azureを採用し、管理対象のスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動収集し管理することができます。また通常のMDM(Mobile Device Management)機能に加え、アプリの稼働情報や位置情報、操作ログを取得することで、導入したスマートデバイスの活用状況を見える化し、費用対効果の最大化に貢献します。

LanScope Anサイト:http://www.lanscope.jp/an/

【端末活用レポート画面】
img-action-appr-z

ご参考:エムオーテックス株式会社について

MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

会社概要

社   名 エムオーテックス株式会社
所 在 地 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代   表 代表取締役社長 河之口達也
事業内容 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資 本 金 2,000万円
U R L https://www.motex.co.jp/

お問い合わせ

<本件に関するお問い合わせ>
エムオーテックス株式会社  企画広報部 企画広報課
TEL :06-6308-8982
FAX :06-6308-8977
E-mail :press@motex.co.jp

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
エムオーテックスPR事務局(株式会社イニシャル内) 担当:山下・三浦・宮島
TEL:03-5572-6073
FAX:03-5572-6065
E-mail :motex@vectorinc.co.jp

ビジョン