セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック活用事例第1号!「追手門学院」生徒・教員のセキュリティモラル向上にオリジナルのセキュリティガイドを作成! – MOTEX Inc.

ニュース

  • ニュース&トピックス

    2018年10月15日

セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック活用事例第1号!「追手門学院」生徒・教員のセキュリティモラル向上にオリジナルのセキュリティガイドを作成!


セキュリティブック×追手門学院事例
 
エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下 MOTEX)は、学校法人追手門学院(大阪市中央区、理事長:川原俊明、以下追手門学院)のセキュリティブック活用事例を発表いたします。

MOTEXは社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を2014年10月に発足し、セキュリティに関する情報発信・啓発活動を行っており、その活動の一環として、2017年2月23日(木)よりセキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」の提供を開始。

本書は全ページをWebから無料ダウンロードが可能な電子データ(PDF)で公開すると共に、書籍版の販売もおこなっております。本書をもとに作成した「講師用資料」は、社内や学校などでのセキュリティ研修を行う際に活用でき、その後の復習に活かせる「テスト」も無料電子データ(PDF)の形式で公開しています。
2018年9月末時点で講師用資料・テストの電子データ(PDF)の合計ダウンロード数は30,000ダウンロードを突破しました。

この度追手門学院は、MOTEXのセキュリティブックを活用し、生徒・教職員のセキュリティモラル向上を目的にオリジナルのセキュリティガイドを作成され、学内の教職員・学生8,000人に対し配布を行なっています。
オリジナルのセキュリティガイド作成にあたり、難しいセキュリティの内容を飽きずに読んでもらえるよう、セキュリティブックの個性的なキャラクターを交え紹介するなどの工夫をされ、校生や教職員に対して基本的な情報セキュリティの知識の向上や追手門学院の規程・取り組みの理解を促す内容となっています。

今回、MOTEXは追手門学院の取り組みに賛同し、このコラボレーションが実現しました。今後もMOTEXはセキュリティに関する情報発信・啓発活動を行って参ります。

「追手門学院 セキュリティブック活用事例」
https://www.lanscope.jp/news/11442/

■オリジナルハンドブックを制作された、追手門学院大学 図書館・情報メディア部情報メディア課課長 村上様・元木様からのコメント

学内での啓蒙活動を進めるにあたり、「何を利用者へ伝えればよいのか」「どのように利用者へ伝えればよいのか」など、どうすれば利用者に伝わるのか色々と苦慮しておりましたが、エムオーテックス様のセキュリティブックと出会い、1つの活路を見つけることができました。
本書では、ITと向き合う上での重要なポイントを親しみやすいイラストを使って面白おかしく表現しており、読み手にとって理解しやすいように工夫されているなと感じました。今回の取り組みをきっかけに、学内全体の情報リテラシー向上に向けた活動を継続していきたいと思います。
IT環境は刻一刻と変化していきますが、エムオーテックス様のセキュリティブックにつきましても、ぜひ今後もバージョンアップを重ねていただければ幸いです。

■ 提供内容概要(セキュリティブック・講師用資料・テスト)

コンテンツはWebからダウンロード・購入申し込みが可能です。
https://www.motex.co.jp/vision/enlightenment_activity/education_book/

1.セキュリティブック『セキュリティ 7つの習慣・20の事例』
PDF:無償
書籍版:1,200円(税・送料別) ※LanScopeユーザー様は600円(税・送料別)でご提供します
発行 :エムオーテックス株式会社
ページ:100ページ

2.講師用資料
PDF:無償 ※書籍版を10冊以上購入の方には、編集可能なPPTデータをご提供します

3.テスト
PDF:無償 ※書籍版を10冊以上購入の方には、編集可能なExcelデータをご提供します
 

 

■NO MORE 情報漏えいプロジェクトについて

2014年の“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”発足に合わせて特設サイトをオープン。
本サイトでは、「情報漏えい」に対する知識を深め自分ごと化してもらうためにケーススタディやコラムを公開。そのほか、一般公開アンケートによる意識調査レポートの発表や「情報漏えい」のリスクを分かりやすく覚えることのできる、妖怪キャラクターを用いた診断コンテンツ“情報漏えい 百鬼夜行”を展開しています。

 

■エムオーテックス株式会社(MOTEX)について

MOTEXは、統合型エンドポイントマネジメント・カンタンMDM「LanScopeシリーズ」の企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。
MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

■会社概要

社   名 エムオーテックス株式会社
所 在 地 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代   表 代表取締役社長 河之口達也
事業内容 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資 本 金 2,000万円
U R L https://www.motex.co.jp/

 

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

エムオーテックス株式会社 企画広報部 担当:坂本
所在地:〒108-0075 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
TEL :03-5460-1373
FAX :03-5460-0776
E-mail :press@motex.co.jp

※本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

ビジョン