LanScope CatがIIJの「IIJセキュアエンドポイントサービス」に採用! – MOTEX Inc.

ニュース

  • ニュース&トピックス

    2018年09月19日

LanScope CatがIIJの「IIJセキュアエンドポイントサービス」に採用!


エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)が2018年10月1日より開始する外部脅威対策・内部不正対策のクラウド型サービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」のIT資産管理製品として“LanScope Cat”が採用されたことを発表します。

「IIJセキュアエンドポイントサービス」は、標的型攻撃や内部不正など企業を取り巻く課題に対し、「アンチウイルス」と「IT資産管理」の機能をクラウド型で提供するサービスです。今回、この中の「IT資産管理」製品として“LanScope Cat”を採用いただきました。これにより、“LanScope Cat”の各種機能(IT資産管理・操作ログ・デバイス制御・Webアクセス管理など)をクラウドサービスとして利用できるほか、「アンチウイルス」として採用されているCylancePROTECTとも連携(※1)することで、外部脅威の侵入を防止するだけでなく、マルウェアの流入経路特定を実現し、再発防止策の検討・実施までを実現します。

お客様は、課題に合わせて必要な機能をクラウドサービスとして導入することができ、専用ネットワークをIIJバックボーン内に延伸する「IIJプライベートバックボーンサービス」と組み合わせてご利用いただくことで、お客様ネットワーク内に新たにVPN機器を設置することなく閉域網接続が実現できます。さらに、管理端末のマルウェア感染の有無や、検知したマルウェアの情報をIIJ独自ダッシュボード上でご確認いただけます。ダッシュボードでは、提供する3つの機能の情報がまとめて表示され、セキュリティ状況を一元的に可視化することができるため、膨大な数の管理端末の状況を迅速に把握し、必要な対策を講じることが可能になります。

MOTEXは今後もIIJと連携を強化し、お客様の抱える内部・外部のセキュリティ対策・IT資産管理を支援してまいります。

 

■「IIJセキュアエンドポイントサービス」のサービスメニュー

基本メニュー 詳細
アンチウイルス:Symantec Symantec社のアンチウイルス製品「Symantec Endpoint Protection」を提供します。ウイルスのパターンファイルをデータベース化し、検知するシグネチャベースのアンチウイルスサービスで、世界最大級かつ高い検知率、精度を誇る脅威情報データベースにより、攻撃からエンドポイントを防御します。
アンチウイルス:Cylance CYLANCE社の次世代アンチウイルス製品「CylancePROTECT」を提供します。マルウェアの構造をモデル化して学習・検知する機械学習の技術を活用することで、実行前に既知・未知のマルウェアの検知、防御を実現します。
IT資産管理:MOTEX MOTEX社のIT資産管理製品「LanScope Cat」を提供します。エージェントがインストールされたエンドポイントの情報を自動で収集し、状況を把握するとともに、ライセンス管理やファイル配布、操作ログ管理など、エンドポイントを適切な状態に管理することが可能です。Web閲覧やメール開封履歴のログ収集、私物のUSBデバイス利用制御などにより内部不正を防止するとともに、CylancePROTECTと連携(※1)することで、侵入したマルウェアの証跡を管理画面から追跡することが可能です。

※1:MOTEXでは、CylancePROTECTを“LanScope Cat”のオプション「プロテクトキャット Powered by Cylance」として提供しています。

 

基本メニューに加えて、サービス設備とお客様ネットワークを接続するための「トンネル接続オプション」や現地で作業を代行する「現地作業オプション」、検知したマルウェアの検体を調査する「マルウェア検体解析オプション」などを用意しています。

▼「IIJセキュアエンドポイントサービス」の詳細
https://www.iij.ad.jp/biz/endpoint/

■“LanScope Cat”とは

“LanScope Cat”は、IT資産管理・内部情報漏えい対策の分野で13年連続シェアNo.1(※2)を誇る「統合型エンドポイントマネジメント」ツールです。エンドポイントにおいて、外部脅威対策・内部不正対策・IT資産管理をカバーし、ログ運用を中心とした統合管理を行うことができます。

※2:富士キメラ総研 2005〜2017ネットワークセキュリティビジネス調査総覧「IT資産/PC構成管理ツール・2016年度」

▼“LanScope Cat”製品ページ
https://www.lanscope.jp/cat/
▼“プロテクトキャット(CylancePROTECT)”特設ページ
https://www.lanscope.jp/cat/special/protectcat/

■エムオーテックス株式会社(MOTEX)について

MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

■会社概要

社   名 エムオーテックス株式会社
所 在 地 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代   表 代表取締役社長 河之口達也
事業内容 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資 本 金 2,000万円
U R L https://www.motex.co.jp/

 

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

エムオーテックス株式会社 企画広報部 担当:坂本
所在地:〒108-0075 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
TEL :03-5460-1373
FAX :03-5460-0776
E-mail :press@motex.co.jp

※本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

ビジョン