エムオーテックス、IIJ Global Solutions SingaporeとIT資産管理ツール 「LanScope Cat」のアジア・太平洋地域における海外販売総代理店契約を締結 – MOTEX Inc.

ニュース

  • ニュース&トピックス

    2019年04月04日

エムオーテックス、IIJ Global Solutions SingaporeとIT資産管理ツール 「LanScope Cat」のアジア・太平洋地域における海外販売総代理店契約を締結


エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)のグループ会社で、シンガポール現地法人であるIIJ Global Solutions Singapore Pte. Ltd. (本社:シンガポール、Managing Director:大野 修、以下IIJ GS Singapore)とIT資産管理ツール「LanScope Cat」のアジア・太平洋地域(中国を除く)における海外販売総代理店契約を締結したことをお知らせいたします。

データ保護への意識が世界的に高まる中、経済発展を続ける東南アジア各国においても、サイバー攻撃や内部不正による情報漏えいリスクは高まり、企業や団体は、情報システムにおけるセキュリティ対策の導入・強化を迫られています。既に情報保護に関する法令が施行されている、シンガポール、マレーシア、フィリピンに続き、2019年1月にベトナムにおいてサイバーセキュリティ法が施行されるなど、東南アジア諸国でも企業の情報保護対策への取り組みは急速に進んでいます。
MOTEXは、世界における情報保護対策のニーズに応える為に、2015年からIT資産管理、内部不正対策ツール「LanScope Cat」の英語版をリリースし、東南アジア、北米を中心にグローバル展開を進めてまいりましたが、この度、IIJ GS Singaporeとアジア・太平洋地域における総代理店契約を締結し、アジア・太平洋地域におけるLanScope Catの販売、サポート体制を大きく一新・強化致しました。

IIJ GS Singaporeとの総代理店契約により、LanScope Catのオンプレミスの販売と、IIJが提供するクラウドサービス「IIJ GIO Singapore サービス」上に構築したSaaSサービス「LanScope Cat on GIO」の提供を、2019年4月30日より予定しています。クラウドサービスとして提供することで、お客様の運用コストを抑え、複数の国にまたがる拠点の管理を実現します。

MOTEXは今後もIIJとの連携を強化し、お客様の抱える内部・外部のセキュリティ対策・IT資産管理をグローバルで支援してまいります。

▼“LanScope Cat”製品ページ
https://www.lanscope.jp/cat/
▼“プロテクトキャット(CylancePROTECT)”特設ページ
https://www.lanscope.jp/cat/special/protectcat/

■エムオーテックス株式会社(MOTEX)について

MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

■会社概要

社   名 エムオーテックス株式会社
所 在 地 〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代   表 代表取締役社長 河之口達也
事業内容 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資 本 金 2,000万円
U R L https://www.motex.co.jp/

 

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

エムオーテックス株式会社 企画広報部 担当:中本
所在地:〒108-0075 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス5階
TEL :03-5460-1373
FAX :03-5460-0776
E-mail :press@motex.co.jp

※本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

ビジョン