中途採用サイト

MOTEXには、充実した休暇制度、資格取得支援など、
すべての社員が働きやすくなるための制度・研修が整っています。

icon

フィロソフィ研修

京セラグループであるMOTEXでは、フィロソフィ研修を通じて京セラフィロソフィの理解を行っています。京セラフィロソフィとは「人間として何が正しいのか」、「人間は何のために生きるのか」という根本的な問いに真正面から向かい合い、様々な困難を乗り越える中で生み出された仕事や人生の指針であり、京セラを今日まで発展させた経営哲学です。

icon

KCCS(京セラコミュニケーションシステム)
グループの集合研修

KCCSグループの新入社員が一堂に会し、1週間をかけて学生から社会人になる準備を行います。ビジネスマナーや社会人としての心得を学ぶことはもちろん、グループ会社内に経営コンサルティングを行うセクションもあるので、ロジカルシンキングを実践的に学ぶ場も用意しております。MOTEXの同期だけでなく、会社を越えて同期の絆ができる場です。

icon

年次研修

部署関係なく年次毎に集まる研修です。1年間で自分がどれだけ成長できたのかを実感でき、また他部署で活躍する同期の成長をみることで刺激を得ることができます。またオブザーバーとして代表取締役も参加。自身が抱える課題における解決のヒントをもらえることもあります。研修後のコンパでは、より関係性を深めることができると好評です。

icon

製品研修

MOTEXは自社製品を持つメーカーです。そのため製品知識はどの部門の社員もしっかりと持つということを大切にしています。先輩社員からの講義やデモを通じて、製品知識をじっくり習得します。そして学ぶだけでなく、どのようにプレゼンすればうまく伝わるのかも実践的に学ぶことができます。プレゼン能力はどの職種でも有効なスキルです。

icon

プログラミング研修

規模は小さいですが、実際に使用できる製品をつくる研修です。自分でコンセプト設計から開発、そしてテストまでに携わっていただきます。これはMOTEXが製品を0から生み出すメーカーだからこそ。ただ開発だけ、という研修ではありません。製品を生み出すまでの全てに携わるため、モノづくりの楽しさや厳しさを体感することができます。

icon

研修報告会

1週間で何を学んだのか、全社員の前で定期的に発表する研修です。MOTEXには教育担当だけでなく、全社員で新入社員を育てていくという風土があります。プレゼンに対して、褒め言葉をもらったり、反対に改善点を教えられたりと、大きく成長できる機会です。社員のプレゼンが上手いのは、研修報告会があるからというのが定説となっています。

icon

5日連続休暇・リフレッシュ休暇

5日連続休暇は、夏季休暇、年末年始休暇、GWとは別に5連休が取得できる休暇です。1年に1回取得していただきます。土曜日・日曜日に連続して9連休をとる社員が多く、家族旅行などプライベートの充実に寄与しています。リフレッシュ休暇は5年に1度、3連休がとれる休暇です。土・日を繋げると5連休。海外へと旅に出る社員も多くいます。