中途採用サイト

No.1 セキュリティメーカーが取り組む、新たなる挑戦。

独自の『エンドポイントマネジメント』概念に基づくセキュリティ技術で、No.1 セキュリティメーカーへ成長したMOTEX。私たちはいま、これまで培ってきた確かな技術と豊かなノウハウを活かし、セキュリティ技術の進化のみならず、セキュリティの枠を超えた、新たな領域にもチャレンジしています。守る技術で、未来へ攻めていく。パラダイムシフトを起こす主役は、あなたかもしれません。

進化の鍵を握る『エンドポイントマネジメント』。

PC やモバイル端末と、それに触れる人に絞って情報管理を行う『エンドポイントマネジメント』。その発想と技術から生まれた『LanScope シリーズ』は、 情報セキュリティのデファクトスタンダードへ成長しました。それと同時に『LanScope シリーズ』に日々蓄積されていく膨大なログ(コンピュータの利用状況・データ通信履歴などの記録)は、人間の“業務行動を記録したビッグデータ”でもあります。私たちは、このビッグデータを活かし、社外の先端技術と連携するなど、さまざまな手法を駆使しながら、セキュリティの枠を超えた、新しいビジネス領域にも挑戦しています。

未来へのチャレンジ01

図版1図版1

“業務行動データ” を活かした、新しい事業領域への挑戦

人間の“業務行動データ” を活用した新技術の可能性は無限に広がっています。たとえば、心拍数の変化を測定するIoTデバイスと『LanScope シリーズ』の“業務行動データ”を組み合わせて、ストレス原因を検証するメンタルヘルス分野での活用案もそのひとつ。また、MOTEX 製品と新時代の決済技術『ブロックチェーン』を組み合わせ、勤務時間を割り出して、仮想通貨を付与し、福利厚生に役立てる仕組み作りも構想中です。セキュリティの枠を超え、新たな領域にもチャレンジするMOTEX。無限の可能性の扉を開くのは、あなたです。

未来へのチャレンジ02

図版2

MOTEXのグローバル展開

実は、海外における情報セキュリティは、従来型の多層防御を採用しているケースが数多く見られます。驚異的なスピードで進化する数々の脅威に対抗するためには、多層防御には限界があり、『エンドポイントマネジメント』概念に基づく情報セキュリティへの迅速な転換が叫ばれています。MOTEX は、この声に応えるべく、アメリカ、東南アジアを皮切りに、世界各国のセキュリティニーズに合わせた技術を提案。日本のMOTEX から、世界のMOTEX へ歩みを進めています。