中途採用サイト

製品・事業の優位性を実感。パートナー技術者から社員へ。

私はMOTEXに入社する前から、この会社に大きな魅力を感じていました。その理由は、SIerのパートナー技術者として約1年間、MOTEXに常駐しており、社員と共に製品開発の仕事に取り組み、MOTEXの製品や事業の優位性を実感していたからです。その当時、私はMOTEXの主力製品である『LanScope Cat』を導入するユーザー企業のニーズや使い方に合わせて、同製品の機能をカスタマイズする部署に配属されていました。MOTEXへ派遣される前に、さまざまな企業で開発してきましたが、そのほとんどが渡された設計・仕様書に沿って、製品のある部分だけを開発する仕事でした。MOTEXに常駐して驚いたのは、製品の要件定義から開発まで、一貫して任せてもらえることでした。また、開発チームの雰囲気も堅苦しい上下関係とは無縁で、みんなで力を合わせて、より良いモノ作りにチャレンジしていこう、という熱い雰囲気がありました。またプライベートでもMOTEXの社員とバンドを組むなど、公私にわたる人間関係も育みました。当時の課長から「橋爪さんのチカラが必要だ。社員として活躍してみませんか」という言葉をいただいたときは本当にうれしく、迷うことなくMOTEXへ入社しました。

一貫した開発体制。壁を乗り越え、結果を出した達成感は格別。

現在、私はサービス開発部でスマートフォン、タブレット、PCを一元管理できるMDM『LanScope An』のバージョンアップや開発チームの開発環境の整備等に取り組んでいます。新機能の要件定義から開発まで、一貫した開発体制のもと、長期的な視野に立ち、仕事に取り組むことができる楽しさを実感しています。その楽しさを最初に味わったのは、パートナー技術者のときに参加した『LanScope Cat』の機能をカスマイズするプロジェクトです。「PCのクリップボード上で、誰がどんな情報をコピーしたのかというログが取れる機能が欲しい」というリクエストをいただいたのですが、情報の中には画像ファイルのような重いものもあるため、システム全体の容量が課題となります。相反する理想と現実をどうすれば両立できるのか。私たちは3ヶ月かけて、この課題に取り組み、画像データを圧縮できる機能を付加することでニーズに応えることができました。製品や機能を一貫して開発できる体制は、技術者にとって魅力的である一方、高度な技術力、幅広い知識、協力して開発を進めるコミュニケーションスキルが求められます。それだけに、数々の壁を乗り越え、結果を出せたときの達成感は格別です。会社と共に技術者として成長していける、それがMOTEXで働く最大の魅力だと思います。

MOTEXには、理想的な開発技術・環境がある。

いま、MOTEXは『LanScope シリーズ』の技術・実績を基盤に、新しいビジネス領域へもチャレンジしようとしています。そのためには、高い志と豊かな経験を持つ技術者の参画が不可欠。私も、この人なら、と思える社外の優れた技術者に、MOTEX開発チームへの参加を呼びかけています。MOTEXでは、マイクロサービスアーキテクチャ、DDD(ドメイン駆動設計)、アジャイル開発等、エンジニアにとって魅力的な開発環境が整っているうえ、今後は、京セラグループのスケールメリットを活かした、新技術・サービスの創出に挑戦するチャンスもあります。私の目標は『LanScope An』をさらに進化させながら、同製品の開発基盤やインフラ構築などにチーム横断で取り組んでいくこと。MOTEXは、新しいチカラを求めています。私たちと共にチャレンジしてみませんか。

MESSAGE中途入社者からのメッセージ

MOTEXの技術者は、情報セキュリティ技術のエキスパートとして、販売代理店やユーザー企業の情報管理者と向き合い、悩みや課題を聞き、さまざまな部署の社員と連携して解決策を提案する、アクティブな技術者です。MOTEXの製品は、私たちの夢と情熱の結実に他なりません。次代を見据えた視点、行動力、コミュニケーション力をお持ちの方の入社を歓迎します。