新卒採用サイト

今日は同期入社の私たちが会社や仕事、共に働く仲間の魅力を語ることになりました。よろしくお願いします!

片山さんは大阪本社、私は東京本部なので会うのは久しぶりですね。さっそくですが、片山さんの就職活動について聞かせてください。

私は、いままでになかった新しい価値を生み出す仕事に取り組みたい、と考え、さまざまな会社の説明会に参加しました。そこで出会ったのがMOTEXでした。コンパクトな規模でありながら情報セキュリティという成長性の高いビジネスに取り組んでいること。その成長プロセスとMOTEXで働く自分の未来をイメージしたとき、この会社なら、未知の価値をカタチする仕事に関わることができる、と確信しました。山本さんは?

私はモノ作りを通じて人と社会に価値を提供するメーカーに憧れていました。MOTEXに入社を決めた理由のひとつは、情報セキュリティという成長性の高い分野でトップクラスの実績を持つメーカーであること。もうひとつは、この人と働きたいと思える先輩社員との出会いでした。

説明会や面接では、ドライな対応の会社も多かったけれど、MOTEXの先輩社員は、とにかく明るくて元気。だから自然と会話が弾みました。私も、この人と働きたい、と心から思える出会いの連続でした。

そんな出会いがきっかけでMOTEXに入社した片山さんは、現在、学生と会社の縁結び役となる採用担当として活躍しています。明るく前向きな片山さんのパーソナリティーが活きる仕事なのでは(笑)。

ありがとうございます。光栄です(笑)。私は主に新卒採用に携わっています。面談対応をはじめ、インターンシップや会社説明会の企画・運営、採用サイトの制作、学生のスカウト等を通じて、ひとりでも多くの学生にMOTEXの魅力を発信し、入社につなげていくことがミッションです。山本さんは?

私は自社製品『LanScope シリーズ』の営業を担当しています。営業本部では、販売を担う販売代理店への製品提案・商談はもちろん、製品を使うエンドユーザーのニーズの掘り起こし、製品の機能説明、セミナーの企画・運営に至るまで、社内・社外のエキスパートと連携した、さまざまな活動を推進しています。販売代理店、エンドユーザー、社内の開発者など、あらゆる立場の方とコミュニケーションしながら、幅広い経験と知識を積み重ねることができる、それが仕事の魅力です。

コミュニケーションの大切さは採用活動でも同様です。一人ひとりの学生と向き合い、彼らの夢や希望を受け止め、真摯な姿勢で応えていくことが仕事の基本。実は先日、内定者を集めた懇親会が開催されたのですが、その席で“片山さんとの出会いが入社の決め手です”という声があったそうです。自分が就活で感じたMOTEXの先輩たちとの出会いを、今度は自分が提供できた。これは心の底からうれしかったですね。

私も“営業担当が山本さんでよかった”という言葉をいただいたときが一番うれしいです。そんな声にもっと応えるために、自ら考え、手を上げて行動する社員には、チャレンジのチャンスを与えてくれる、それもMOTEXの社風だと思います。私は、販売代理店のみならず、当社製品を導入されているエンドユーザーを積極的に訪問し、業務上のニーズや課題をヒアリングする活動も行いたい、と上司に提案したところ“よし、やってみよう”と背中を押してくれました。

エンドユーザーに寄り添い、共に課題を解決し成長していく、というMOTEXの姿勢を体現する活動ですね。私も会社説明のプレゼンや質疑応答など、学生と向き合い、話し合う機会をもっと増やしてもらえるよう、上司に提案しました。また、採用活動以外でも課題を感じることがあったので社内のエンジニアと連携し、就業管理の効率化を図るツールを開発するプロジェクトを立ち上げました。

MOTEXは、チャレンジする社員に対して、先輩・上司がアドバイスしながら、しっかりサポートしてくれるので心強いですね。入社2年目の私たちが積極的に仕事に取り組める理由は、頼れる先輩・上司の存在はもちろん、MOTEXならではの充実した教育・研修制度にもあると思います。私は文系出身なので、技術的なことは新人研修で一から学びました。約半年間、じっくり学べるので、配属後も自信を持って仕事に取り組むことができます。

社員同士の仲が良く、家族的な雰囲気もMOTEXの魅力だと思います。大阪本社も東京本部もコンパクトな組織なので、さまざまな部署の社員に、何でも気軽に相談できます。同期・先輩・上司と仕事のことやプライベートの話題で盛り上がることも珍しくありません。最近の若手は飲みに誘っても参加しない、という声も聞きますが、当社では、若手社員が率先して飲み会や社内イベントを企画しています(笑)。最後に山本さんが描いている未来のMOTEX像を聞かせてください。

漠然としていますが、独自の存在感を放ち、新しい価値を人と社会に提供する会社にしたい。また京セラグループの中でもNo.1と評される会社へと成長していきたいですね。片山さんは?

新しい価値の創造に向けて、すべての社員がアグレッシブに挑戦し続ける、そんな企業文化のある会社にしたいと考えています。山本さんは同期社員の中でも、パワフルに周囲を巻き込む元気印。これからのMOTEXをリードする若手のひとりになるはず。お互い、夢の実現に向かって走り続けましょう!

片山さんは同期の中でリーダー的な存在。お互い、これからのMOTEXを創るのは私たち!という心意気でがんばりましょう!