「LanScope An」の新版 6月28日に登場」記事掲載/週刊BCN6月17日号 – MOTEX Inc.

ニュース

  • MOTEX 掲載記事・広告

    2013年06月17日

「LanScope An」の新版 6月28日に登場」記事掲載/週刊BCN6月17日号


BCN 2013年6月17日 Vol.1485 に『「LanScope An」の新版 6月28日に登場』の記事が掲載されました。以下、掲載内容です。

「LanScope An」の新版 6月28日に登場

エムオーテックス(MOTEX)は、スマートデバイス管理サービス「LanScope An」の新バージョンを6月28日に発売する。新版は、管理できる端末のOSを拡充して、従来のAndroidに加えて、iOSに対応している。

「LanScope An」は、スマートフォンやタブレット端末の管理とセキュリティ対策、使用状況のログを収集・管理するクラウドサービスだ。スマートデバイスは、オフィスの外で仕事をスムーズにこなすために有効なツール。しかし、紛失や盗難の際に情報が漏えいするリスクがある。外出先で利用することが多く、情報システム担当者の目が行き届かないので、セキュリティ対策と管理はオフィス内のパソコンよりも厳格に求められる。それだけに、「LanScope An」に対するユーザーの関心は高い。

「LanScope An」は、端末の情報を収集するほか、ユーザーの通話時間や通話先、起動したアプリケーションの種類や使用した時間・ロケーションなど利用状況を把握することで、スマートデバイスの有効活用、さらには業務効率化を図ることができる。

セキュリティ対策も充実している。端末を紛失したり、盗難に遭ったりした場合に備えて、遠隔からパスワードでロックでき、端末内のデータを消去する機能も備えている。さらに、操作履歴を収集することで不正操作を抑止できるので、セキュリティ面でも安心だ。スマートデバイスの導入する企業の情報システム担当者の悩みを解決できるツールとなっている。

6月28日に投入する新版では、従来のAndroidに加え、iOSに対応。iPadやiPhoneも管理できるようにした。一つの管理画面で、AndroidとiOS搭載端末を一元管理することができるので、OSが混在する環境でも容易に端末をマネジメントすることができる。

また、iOS端末の管理では、アップル標準のiPhone構成ユーティリティをサポートしているので、iPhone構成ユーティリティで作成した構成プロファイルを、各端末に簡単に配信することもできる。スマートデバイスの業務利用に欠かせないパスワードポリシーの設定や、デバイスの機能制限設定を簡単に適用できる。このように、導入の手間を大幅に軽減しているのだ。

パソコンの資産管理・セキュリティツール「LanScope Cat」のすぐれた点を継承し、スマートデバイスを効率よく管理するための機能を新たに盛り込んだ「LanScope An」。Webサイトから無料体験版の申込みが可能なので気軽に一度試してみてはいかがだろうか。

■ ログ取得の強みを生かすMDMツール「LanScope An」はこちら
  >> https://www.motex.co.jp/an/index.html

ビジョン