1. スマホ・タブレットの紛失・盗難対策ツール 日本初の無償提供を発表!

ニュース【vol.02】

2015.06.04

スマホ・タブレットの紛失・盗難対策ツール 日本初の無償提供を発表!

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

anfreeエムオーテックス株式会社(以下MOTEX)は、セキュリティツールとして、日本初の無償化提供となるスマートデバイス紛失・盗難対策ツール“LanScope An Free(ランスコープ アン フリー)”(URL:http://www.lanscope.jp/an/free/を2014年11月末より提供すると発表しました。


MOTEXでは、企業の「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく目的とした啓発プロジェクト、“NO MORE情報漏えいプロジェクト”を2014年10月27日(月)に発足いたしました。本プロジェクトには、HASHコンサルティング株式会社代表の徳丸 浩様に監修者として参加頂いております。

 今回、本プロジェクト活動の第一弾として、スマートフォン・タブレットの資産管理・行動管理・セキュリティ対策を実現するスマートデバイス管理ツール “LanScope An(ランスコープ アン)”を、紛失・盗難対策機能に限定して無償提供化が決定。スマートデバイス紛失・盗難対策ツールとしては日本国内初となる“LanScope An Free(ランスコープ アン フリー)”を2014年11月末より提供していきます。“LanScope An”は、IT資産・PC構成管理ソフトウェア部門として10年連続トップシェア1、国内7,500社が導入しているLanScopeシリーズから誕生したスマートデバイス管理ツールです。
※1:富士キメラ総研「2014年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野

“LanScope An Free”は、情報セキュリティ10大脅威の一つとされる「紛失」※2に対して、無料で対策を講じることが可能です。iOS、Android、Windowsのスマートフォン・タブレット紛失・盗難対策として「リモートロック(遠隔ロック)」「リモートワイプ(遠隔データ消去)」「パスワードポリシー」の3つの機能を搭載します。また、“LanScope An Free”のインストールや操作方法に関するお問い合わせに、無償で電話やメール対応できるサポート体制を構築しております。
※2:独立行政法人情報処理推進機構「2014年版情報セキュリティ10大脅威」

 MOTEXでは、今後も“NO MORE情報漏えいプロジェクト”を通じて、企業の「情報漏えい」の解決、防止に役立つプロジェクト活動を展開して参ります。


■スマートデバイス紛失・盗難対策として日本初の無償提供!“LanScope An Free” 11月末より提供開始!

・製品名: LanScope An Free
・機 能
 リモートロック 遠隔で端末画面のロックを実行できます。
 リモートワイプ 遠隔で端末データの初期化を実行できます。
 パスワードポリシー パスワードの桁数や、英字、数字、複合文字使用など、
パスワードの設定ルールを 一括で設定・配布できます。
・その他 有償版LanScope Anへのアップグレード可
・提供開始 2014年11月末
・サイトURL http://www.lanscope.jp/an/free/

【管理する端末】

・OS iOS 6.0~、Android 2.3.3~、Windows 8.1
※OSにより利用できる機能・仕様が異なります。
・管理者PC Windows XP/Vista/7/8/8.1
Windows Sever 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2
・CPU Pemtium4.16GHz 相当以上
・メモリ 512MB
・対応ブラウザ (Silverlight 5のプラグインが動作するブラウザ)
Internet Explorer/Mozilla Firefox/Google Chrome
※管理者PCには、Silverlight 5のインストールが必要です。

  

この記事をシェアする
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 | こんな記事もオススメです。