1. この発想はなかった! コロンブスの卵的アイデアが楽しい最新のセキュリティ文房具9選

おもしろ【vol.02】

2015.07.09

この発想はなかった! コロンブスの卵的アイデアが楽しい最新のセキュリティ文房具9選

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

School items

のぞき見、廃棄に要注意! 印刷物や記録メディアの情報漏えい

コンピュータ上の情報管理には気をつけていても、紙情報や記録メディアの扱いについてまでは気が回っていないことも多いのではないでしょうか。印刷物や記録メディアののぞき見・廃棄が原因で情報漏えいに繋がる可能性があります。

企業オフィスであれば業務用の機械が用意されている場合も多いのですが、シェアオフィスや家庭内でも同じように気をつける必要があります。最近では、手軽にセキュリティを確保するためのアイデア文房具が増えてきました。

ということで今回は、コロンブスの卵的なアイデアが詰まった最新のセキュリティ文房具を9つを紹介します。

 

1. 個人情報保護スタンプ「ケシポン」(PLUS)

1
価格:470〜1,200円(税抜、シリーズによる)
URL:http://bungu.plus.co.jp/sta/product/security/keshipon/

セキュリティ文房具の元祖のような商品で、文字を隠す印面パターンのスタンプを、水や薬品や光に強い顔料インクで印字して個人情報を隠す仕組みです。シュレッダーのように紙を破砕するのではなく、文字に上書きすることで手軽に利用することができます。

手軽なスタンプ型からローラー型まで様々なバリエーションが展開されています。
3
【ケシポンシリーズ】
大きな文字用ローラーケシポン(700円)
ローラーケシポンミニ(470円)
ローラーケシポン(レギュラー:700円 ワイド:1,200円)
早撃ちケシポン/早撃ちケシポンワイド(レギュラー:800円 ワイド:1,200円)
ちょい押しケシポン(500円)
ケシポン(950円)
※ 価格はすべて税抜

 

2. 個人情報保護テープ「一行ケシポン」(PLUS)

4
価格:350円(税抜)
URL:http://bungu.plus.co.jp/sta/product/security/keshipon/1gyo.html

「ケシポン」シリーズでは基本的に顔料インクを使用しますが、テープ転写式を採用した「一行ケシポン」もあります。修正テープのように文字を見えにくくする特殊パターンが印刷されたテープを転写して個人情報を保護します。

細かい範囲での消去が可能となるため、身分証明書や本人確認書類の一部分だけを隠して提出するといった用途にも利用できます。

 

3. 裏から見えない修正テープ「ホワイパースライド」(PLUS)

5
価格:300円(税抜)
URL:http://bungu.plus.co.jp/sta/product/correct/whiper/new_uramie.html

これまでの修正テープは白いテープを貼り付けるものだったので、裏面を光に透かすと元の文字が見えていました。ホワイパースライドでは特殊パターンを白色層と粘着層の間に挟むことで、透かしても元の文字が見えないようになります。

「1行ケシポン」と似ていますが、こちらは「修正テープ」であるため、表から見た際に特殊パターンが直接見えず、紙面が白いままなのが特徴です。

 

4. チラ見え防止クリアホルダー「カモフラージュホルダー」(PLUS)

6
価格:A4 80円/枚 A5 60円/枚 ハード仕切り付 130円/枚 クリップ付ボード 180円/枚(税抜)
URL:http://bungu.plus.co.jp/sta/product/security/camouflage/index.html

特殊なパターンを敷き詰めることで大きな文字や罫線は読み取れ、細かな文字は読みにくくなるという特徴を持ったクリアホルダーです。

完全な不透明なホルダーですと書類を探す場合に手間取ってしまいますが、利便性を確保しながらセキュリティを高めることができます。

 

5.かる切りハサミ「フィットカット」(PLUS)

7
価格:1,800円(税抜)
URL:http://bungu.plus.co.jp/sta/product/cut/fit_cut/utility-scrap.html

丸みを帯びたカーブ形状の刃の表面にスムージング加工をして、軽い力で切り込むことができるようにしたハサミです。

8
クレジットカードや、DVD-Rなどの記録メディアを従来のハサミに比べて簡単に切って破棄できるようになります。他にも針金切りやネジ開けなどの機能もついていて、セキュリティ目的以外にもリサイクル、趣味など様々な用途に利用することができます。

 

6.のぞき見防止ノート「アントワサンク 目隠しノート」(ヒサゴ)

9
価格:A6サイズ 480円 A5サイズ 600円
URL:https://www.hisago.co.jp/untroiscinq/pd_ut21ut22_color.htm

ページごと隠せる大きさの目隠しシートが表紙についたノートです。前ページの内容を見えないようにすることができます。

10
商談ノートを複数の営業先で利用している場合、他の営業先の情報がノートから見えることで思わぬ情報漏えいに繋がる可能性があります。目隠しシートを利用することで前ページの内容を見えないようにしながらノートを利用できます。

 

7.破砕用バサミ「7連刃シュレッダーはさみ」(サンスター文具)

16
価格:170mmサイズ 1,300円 200mmサイズ 1,600円(税抜)
URL:http://www.sun-star-st.jp/private_brand/shredder7.html

良く切れる本格7連刃を用いて、不要となった書類を粉々に裁断するためのハサミです。郵便物の宛名部分など、ちょっとした部分だけ断裁したいときに役立ちます。

14
摩擦軽減ワッシャーによって、より少ない力ですばやく裁断する事が可能です。キャップについているブラシで、切りくずを簡単に除去することもできます。

 

8.ハンディーシュレッダ「クルッキル」(ナカバヤシ)

13
価格:オープン価格
URL:http://www.nakabayashi.co.jp/service/news/detail.html?news_id=321&mode=view

書類を差し込んで本体の端を回すだけで簡単に細断処理できる、手回し式のハンディーシュレッダ。

12
用紙全体に文字のある書類や請求書などを処理するのに便利です。コンパクトにデザインされたボディのため収納場所を取りません。また自立する形状のため、机や棚に立てて置いておくこともできます。

 

9.国語辞典型隠し金庫「セーフティーボックス(ブック型)」(カール事務器)

15
価格:2,500円(税抜)
URL:http://www.carl.co.jp/item/SFB-D031.html

最後にご紹介するのはなんと、国語辞典の形をした隠し金庫です。本棚のなかに紛れて配置することで、来客者や空き巣などから存在を気づかれにくくなります。

11

企業オフィスでは施錠ができる棚に入れるべきところですが、SOHOや家庭で利用する用途の棚では鍵の強度を確保できないことも多いはず。そんな時は、そもそも見つけにくくするというアプローチが有効です。

 

まとめ

いかがでしたか? 最近では様々なセキュリティ文房具が登場しています。細かいところにもセキュリティ意識を広げることが、情報漏えいを防ぐことにも繋がっていきます。

ユニークなアイデアで生まれた文房具の数々は、話のネタにも良さそうですね。

 

k_ikeda池田 仮名(いけだ・かな)ITエンジニア/ブロガー
システムインテグレーター勤務の傍ら、個人ブログ「太陽がまぶしかったから」を運営。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。音声チャットを用いて題材書籍を掘り下げる「Skype読書会」を主宰。共著書に「レールの外ってこんな景色」(WOODY)。仕事も恋もFA宣言中。
Twitter:bulldra
この記事をシェアする
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 | こんな記事もオススメです。