1. 情報セキュリティマン、モテすぎ男のバレンタインデー攻略術。妻・彼女にはスマートフォンを堂々と見せよう!

おもしろ【vol.18】

2018.07.27

情報セキュリティマン、モテすぎ男のバレンタインデー攻略術。妻・彼女にはスマートフォンを堂々と見せよう!

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1801_DSC_3410edit
社内随一のモテ男、情報セキュリティマン。モテる男はチョコを沢山もらう……かも。もしかしたら複数の人に本命デートに誘われちゃう……かも!?

しかし、情報セキュリティマンには心に決めた人がいる。

今回は、大切なパートナーがいる男性のための、バレンタインデー攻略術をお伝えします(ちょっと趣向を変えた特別編です)。

あっ、こんなところに情報漏えいが! 情報セキュリティマン参上!

情報セキュリティマン参上!
<情報セキュリティマン・プロフィール>

MOTEX社員、セキュリティ系男子・大山晃輝(24歳)。

1993年鹿児島生まれ。幼少期より野球一筋で過ごし、京都の大学に進学後も野球に邁進する。2016年4月、MOTEXに入社。大阪本社勤務を経て、今年2017年4月より東京本部に配属。

野球時代の特技は「送りバント」。神経を研ぎ澄ませ、走者を進塁させることに掛けたスピリッツは同社MOTEXでも存分に発揮し、世間にはびこる「情報漏えい」に目を光らせ、甘すぎるセキュリティ意識の向上に努めている。

ポリシーは「皆さまに幸あれ」。正々堂々と情報漏えい対策に挑む!

妻や彼女は、あなたを冷静に監視しているかも知れません

1801_DSC_3397_edit

情報を守りすぎない方が良い場合があるって、理解できるか?

えっ? 情報をあえて他人に漏らすってことですか。それが良いとは到底考えられませんが

実は、彼女や妻に対しては例外なんだ。なぜなら、自分のスマートフォンを自由に触らせてあげることで、浮気の疑惑を晴らすことができるからな

ぷぷぷ……。情報セキュリティマンが浮気(笑)

してねえよ! 俺は彼女一筋なんだ。ただ、俺は容姿が良いだろ。その上、仕事もスポーツもできるもんだから、どうしたってモテてしまうんだよ。俺に近づいてくれる女性に対して、普段はやんわりとお断りしているんだけど、バレンタインデーだけは、どうしても断りきれない

チョコですか

そういうことだ。最近はチョコ以外のプレゼントも増えているけどな

羨ましいです

いや、そうとも限らないんだ。お礼のメッセージを送ったり、ホワイトデーにお返しをしたりしないといけないし、何より毎年彼女に身の潔白を証明しないといけない

うーん、それでも羨ましいですけどね!

そこは俺にしかわからない悩みということか。まぁいい。ところである調査によると、パートナーがいる女性の3割ほどが彼氏や夫の携帯電話をこっそり見ている、という統計があるんだ

パートナーの携帯電話をチェックする話は、確かによく聞きますね

俺の彼女は『勝手に見ない』と言ってくれているのだが、その代わり、正々堂々と『スマホを貸して』と俺に迫ってくるんだ

焦りますね

もしそこで俺が、『嫌だ!!』なんて慌てて拒否すると怪しいだろ

間違いなく、その反応もチェックされていますよね

ということで今回は、彼女や奥さんに堂々とスマートフォンを見せるための“あえて守りすぎない情報セキュリティ術”をお届けしよう!

なるほど、そう来ましたか

shutterstock_472901491

世の中には、「夫のスマートフォン? うん、見てるよ」と、平気で言う既婚女性は割といる。浮気を監視する目的というより、夫や彼氏に浮気の形跡がないのを確認して、「私は愛されているわ」と安心を得るのが目的だと言う。

夫婦や彼氏彼女の関係とはいえ、やはり他人のスマートフォンを勝手に覗き見するのはダメ。だけど、「見せて」とお願いされたとき、あなたは「うん、いいよ」と堂々と手渡せるか?

妻・彼女に、いつスマートフォンを見られても万全にする方法

1801_DSC_3406_edit

■【やってはいけない】スマートフォンを肌身離さない

浮気をしている者は、風呂の脱衣所にまでスマートフォンを持って行ったり、眠るときにパジャマのポケットにスマートフォンを入れていたりするそうだ

僕はその時間、充電していますけどね

そう。それが自然な態度。スマートフォンを肌身離さず持っているのは、相手に違和感を与えてしまうので注意したい

やましい感じがしますもんね

■【やってはいけない】スマートフォンは常に裏向き

やましいと言えばもうひとつ。スマートフォンをいつも裏向けていたり、手帳型ケースを使っていつも閉じていたりして、常に画面が見えないようにしているのも良くないな

プッシュ通知や着信を見せないようにしている印象がありますね

情報セキュリティの観点から言えば、肌身離さず持つ、画面を見せない、というのは良い習慣なのだが、妻・彼女の前では堂々としておくのが大事なんだ

表向きに置いてしまったスマートフォンを、しれっと裏向きに……なんて行為はダメですね

■【やってはいけない】スマートフォンを絶対に貸さない

そしていよいよ、『ごめーん。ちょっと調べ物したいからスマホ貸して』と、妻・彼女から声をかけたられた時の対応だ。ここで拒否したり躊躇したりしてはいけないぞ

自分のを使えよ、と思っちゃいそうですが

タイミングによっては、目の前でスマートフォンを触っている夫・彼氏に借りた方が早いときもあるだろ

まぁ確かに、そういう時はありますね

そんなときは嫌な顔をせず、堂々と『はい、どうぞ』と手渡してあげたいところだ

■【やってはいけない】勘違いされそうなメッセージを送る

あと、スマートフォンの中身についても説明しよう。まず、妻・彼女に勘違いされそうなメッセージを女性と交わさない、というのを徹底してくれ

下心ありそうな文面ということですね

ありがちなのは食事の誘い。『バレンタインデーのお礼に今度食事でも』なんてメッセージは送らないように

なるほど。『家族でチョコをおいしく頂きました』なんてお礼メッセージだと良さそうですね

そういうことだ。あと、妙な文章を打ってしまうと、予測変換で思わぬところで表示されることがあるからな

調べものをしようと思った彼女が、ブラウザを開いて検索キーワードを打とうとしたら怪しい文節が……なんてことも考えられますね

他にも、勘違いされそうな写真は撮らない・残さない、ブラウザの履歴に気をつけるなどがあるが、キリがないので各自思い返して気をつけてくれ

■【やってはいけない】パートナーを傷つける

そして最後に最も大事なことを伝える。それは、妻・彼女を悲しませてはいけない、ということだ

全くもってそうですね

今回話したのは、浮気を隠すテクニックではない。パートナーを不安にさせない、男としての心掛けだ

自分には守るべき大切な人がいる、といつも心に留めておくと言うことですね

そう!その気持ちがあればバレンタインデーも怖くない!

情報セキュリティマンの過去?

なんだこここは。あぁ!夢の中だぁ!!!

なんだか懐かしい光景だな~。

あっ、あんなところに少年時代の俺がいる!

=======================================

 (友達)
  『お~い、野球やろうぜ!』

 (情報セキュリティマン)
  『いいよ!俺、4番センターね!』

   プレイボール!
   コツン♪
   タッタッタッタッタ…

   セーフ!

 (友達)
  『ずるいよ~!4番なのにバントとか~!普通ホームラン狙うでしょ~!!』

 (情報セキュリティマン) 
  『4番だからバントしちゃいけないことないだろぉ。
   相手の弱点をつき、自分の強みを生かす。
   そして、弱点を気づかせる。
   そうすればお互い成長するだろ!
   
   大人になっても、弱点を教えてあげる人になるんだ!』

情報セキュリティマン少年時代 
=======================================

夢の中とはいえど、少年時代の俺、仕上がっているな。。。

やはり、少年時代から情報セキュリティマンになる資質はあったんだな。。。

恐るべし、自分。

そして、自分大好き。

(情報セキュリティマン、未だに夢の中・・・)

アディオス!

この記事をシェアする
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 | こんな記事もオススメです。